FC2ブログ

Kielten Kaiku キエルテン・カイク

ことばコトダマ、弦の響き 古典音律小型カンテレ

Kardemimmitのアルバム購入をオススメする10の理由 その3〜 歌声とカンテレの織りなすハーモニーがすてきだから♪

「カルデミンミットのアルバムをオススメする10の理由」
その3 歌声とカンテレの織りなすハーモニーがすてきだから♪


Kardemimmitのアルバムをオススメするのに、
ここのところ、あらためて過去のアルバムを聴き直しています。

今日は3枚目『AUTIO HUVILA』をけっこう聴いていたのですが、
やっぱりいいなぁ、歌い方、声の重なり具合、カンテレの入るタイミング♪
彼女たち自身によるアレンジ、ほんとうにいいなぁと思います。

結局すっかり聴き入ってしまうか、一緒にハミングでうたってばかりいて
さっぱり文章が書けません。苦笑

どの曲も好きなのですが、今日のお気に入りは
「Laulu päivälle」(A New Day)
https://soundcloud.com/kardemimmit/laulu-p-iv-lle-a-new-day
(↑こちらをクリックするとSound Cloudのサイトが開いて
 無料で1曲まるまる聴くことができます♪)

原曲はノルウェーのVestlandに伝わる伝承曲で、
ノルウェー人の神学者Elias Blixが賛美歌として詩をつけたもの(Syng i stille morgonstunder)を
スウェーデン語に翻訳した歌詞で
スウェーデンの女性アカペラカルテットKrajaが歌っているバージョン(Sjung i stilla morgonstunder)に、
フィンランドのミュージシャンVeera Voimaとカルデミンミットで
フィンランド語の歌詞をつけて、歌っているのだそうです。

説明、長っ!!^^;;;;
でも、そうやって受け継がれ、歌い継がれていくのが
トラッド曲、伝承曲というものなのです♪

Laulu paivalle

カルデミンミット・バージョンは、いかにも賛美歌という感じではなく
 静かな朝のひと時、
 輝く陽に照らされ
 新しい一日を感じて私は歌う....
というような感じの歌詞です。
(いつか、ちゃんと全部、訳せたらいいのですが。)

阪上義昭さん、原曲についての情報ありがとうございました♪

Sound CloudのKardemimmitのページでは、
過去のアルバムの曲、アルバム未収録曲、8曲、11曲、聞くことができます♪
https://soundcloud.com/kardemimmit

ぜひ、彼女たちの透明感のある歌声とカンテレのハーモニーに
浸ってみてください♪


[ Kardemimmit:ONNI 2015 ] 〜 クラウドファンディング・プロジェクトは、
5月10日の最終締め切りまで、引続きご購入予約申し込み受付中です。
日本からの購入予約を希望される方のために、
「日本カンテレ友の会」がとりまとめも行っております。
私もとりまとめ取次させていただいております♪
◎サイン入りアルバム「ONNI」:2,700円
◎アートポスター:2,000円
詳細は、こちらをご覧ください。
http://music.ap.teacup.com/kantelejapan/388.html(日本カンテレ友の会ブログ)
http://kieltenkaiku.blog.fc2.com/blog-entry-57.html(ブログKielten Kaiku)


クラウドファンディングは2015年5月に終了しています。

  1. 2015/04/29(水) 13:39:30|
  2. Kardemimmit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Kardemimmitのアルバム購入をオススメする10の理由 その2〜Jimmy Träskelinのデザインに触れることができるから

今週前半、思いの外、札幌は寒くて、すっかり風邪を引いてしまい
更新遅くなってしまいました^^;;;
木曜から、ぐっと気温があがり例年になく早く桜も咲き始め、
私もなんとか復活。連載再開です。

「カルデミンミットのアルバムをオススメする10の理由」

その2、Jimmy Träskelinのデザインに触れることができるから


Kardemimmitのニューアルバム『ONNI』のアルバム写真やカヴァーワーク、
前作『AUTIO HUVILA』同様、Jimmy Träskelin インミュ・トラスケリンです♪

インミュ・トラスケリンと言われても、よっぽどのフィンランド・トラッド好き
でない限り知らない方が多いと思いますが
この数年、フィンランド・トラッド系バンドのアルバムで
「お、これは、いいデザインだな♪」
「ちょっと遊び心もあっておもしろいな♪」と感じるものは、
インミュ・トラスケリンのデザインのものが多いのです。

たとえば、私が持っているものでは...
Jimmy カバーワーク

[右上] エルッキ&トュトットの『ERKKI ja tytöt』
エルッキ&トュトットは、フィンランド西部に伝わる
カンテレの伝統音楽のマスター・ペリマンニ(農民楽師のマエストロ)と
その音楽を昔ながらのスタイルで受け継ぐ若いカンテレ奏者とで作ったアルバム。
(ちなみにこの少女たち4人のうち3人はカルデミンミットのメンバー)
音源:https://youtu.be/ZAxDr5a989w

[左上] インミュ・トラスケリン自身のアルバム『TUULISEN KYLÄN POIKA』(風の街の少年)
グラフィックデザイナーで写真家のインミュ・トラスケリンは、
ギター、ハーモニカ、バンジョーなどの演奏と歌でオールドタイミーな
オリジナル・ミュージックを演奏するミュージシャンでもあります。
音源:https://soundcloud.com/jimmytr-skelin/sets/tuulisen-kyl-n-poika

[右下] Friggフリッグの『POLKA V』
Friggはフィンランド中西部のペリマンニ(=農民楽師)の伝統音楽が
盛んな地域出身のフィドラー中心のバンド。
民族音楽なんて古臭くて退屈で年寄りが聞くものという概念を覆し、
その疾走感あふれる心躍るような音楽で
若い世代を熱狂させる非常に勢いのあるバンド。
来日公演も行っています。
音源:https://soundcloud.com/ianstephenson/frigg-summer-solstice

3枚とも、CDを取り出してみると、その下のデザインにも遊び心^^
Jimmy design 内側2
トラッドで今を駆け抜けるFriggは、斬新なデザイン。

古き良き時代を彷彿とさせる2枚はCDの盤面デザインもレコード盤^^
Jimmyデザイン内側

こんな風にアーティストの音楽性、スタイルを汲み取ってそれを形にする力。
このようなモノづくりができるのは、お互いの信頼関係があるからこそなのでしょうね。

また、インミュ・トラスケリンは、2013年から、
フィンランドのカンテレ協会Kanteleliittoが、会員向けに年に4回発行している
雑誌「kantele」の編集長でもあり、毎年年末に発行されている
カンテレ・カレンダーの写真撮影・デザインも彼によるものです。

2014年の雑誌「kantele」表紙、カンテレ・カレンダー、デザイン。
これらの写真のモデルは、すべてフィンランドで活躍しているカンテレ関連のミュージシャン。
カルデミンミットのメンバーが写っているものを並べてみました。
Kantele-lehti

こういうレトロ?な雰囲気、日本の今の若い人でも好きな人がいると思うんだけどなぁ。

雑誌「kantele」は、フィンランドでクオリティの高い雑誌に与えられる名誉ある賞
Vuoden Laatulehtiを、2014年に受賞しています。
中身の紹介は長くなるのでまたの機会に。

そして、カルデミンミットのオフィシャルwebサイトのデザインもインミュ・トラスケリン♪
http://www.kardemimmit.fi
newsのページでは、ニューアルバム『ONNI』のカヴァー写真も見ることができます。
(facebookページのプロフィール写真。下にスクロールすると大きな写真が見られます^^)

クラウドファンディングの特典のアートポスター(とりまとめ価格¥2,000)は、
アルバムのカヴァー写真と同じ写真を使用、A3くらいのサイズのものだそうです。

[ Kardemimmit:ONNI 2015 ] 〜 クラウドファンディング・プロジェクトは、
5月10日の最終締め切りまで、引続きご購入予約申し込み受付中です。
日本からの購入予約を希望される方のために、
「日本カンテレ友の会」がとりまとめも行っております。
私もとりまとめ取次させていただいております♪
◎サイン入りアルバム「ONNI」:2,700円
◎アートポスター:2,000円
詳細は、こちらをご覧ください。
http://music.ap.teacup.com/kantelejapan/388.html(日本カンテレ友の会ブログ)
http://kieltenkaiku.blog.fc2.com/blog-entry-57.html(ブログKielten Kaiku)


(クラウドファンディングは、2015年5月に終了。)
JRobert Design webサイト
http://www.jrobert.fi/design/
今までにインミュ・トラスケリンが担当したアルバムアートワーク、
雑誌・書籍の表紙デザイン、ポスター、ポートレイト作品などがみられます。

次回以降は、Kardemimmitの音源や動画などのご紹介、
Kardemimmitの来日公演を心待ちにしている日本のファンの声などを
ご紹介していきたいと思っています。
  1. 2015/04/24(金) 23:05:19|
  2. Kardemimmit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kardemimmitのアルバム購入をオススメする10の理由 その1

先日から絶賛、オススメ中のフィンランドのカンテレ・フォークグループKardemimmitの
ニューアルバム『ONNI』発売に向けてのクラウドファンディングプロジェクト
最低金額 2,500ユーロは達成し、プロジェクト成立!
おめでとう!Onnea!!

5月10日の最終締め切りまで、引続きご購入予約申し込み受付中です。
日本からの購入予約を希望される方のために、
「日本カンテレ友の会」がとりまとめも行っております。
私もとりまとめ取次させていただいております♪
◎サイン入りアルバム「ONNI」:2,700円
◎アートポスター:2,000円 (いずれも送料込み)
詳細は、こちら。
http://music.ap.teacup.com/kantelejapan/388.html(日本カンテレ友の会ブログ)
http://kieltenkaiku.blog.fc2.com/blog-entry-57.html(ブログKielten Kaiku)

(クラウドファンディングは2015年5月に終了。)

こちらのブログでは、プロジェクト最終締め切りまで、
Kardemimmitのアルバム購入をオススメする理由を綴っていきたいと思っています♪
ご興味を持っていただけそうな方に、シェアやお知らせしていただけましたら幸いです♪

Kardemimmitのアルバム購入をオススメする10の理由」

その1、手元に置いておきたくなるようなすてきなデザイン♪


最近、音楽はダウンロード購入される方も多くなってきていると思いますが
Kardemimmitのアルバムは、いつも丁寧に作られていて、
メンバーたちのものづくりへの思いが感じられ、
ぜひ、手元において飾っておきたくなるようなデザインなのです^^

過去のアルバムジャケット♪
上から『VIIRA』(2006)、『KAISLA』(2009)、『AUTIO HUVILA』(2012)
Kardemimmit カバーワーク

ブックレット、CD盤面デザイン♪
Kardemimmit内側

ブックレット、アルバム裏ジャケ♪
Kardemimmit 裏側

Kardemimmitは、カンテレの演奏と4人の歌声のハーモニーが素敵なバンドです。
こちらは、3rdアルバム『AUTIO HUVILA』収録の「Neidon ikävä」(=Longing Maiden)。
北欧フィンランド発のジュエリーやレザーバッグ、生活雑貨を取り扱う
日本のショップmelumo putiikki(メルモ・プティッーキ)のCMでも使われています♪
フィンランド語、学習中の方には、聴き取りの練習にもなるかしら♪ 


この曲の歌詞はこちら。
詞はフィンランド・トラッド。作曲はメンバーのJutta Rahmel。
フィンランド語がわかる方、なかなか少ないかと思いますが^^;;
ブックレットには、タイトルや歌の簡単な内容が英語でも載っています。
Neidon ikava

また、以下のサイトでは、Kardemimmitのその他の楽曲の試聴もできます♪
◎SoundCloud: http://soundcloud.com/kardemimmit
◎YouTube: https://www.youtube.com/user/Kardemimmit/videos
◎myspace:https://myspace.com/kardemimmit/music/songs


次回は、最近のKardemimmitのアルバムデザインや写真などを担当されている
Jimmy Träskelinのご紹介などをさせていただければと思っています♪
続きを読む
  1. 2015/04/20(月) 12:24:23|
  2. Kardemimmit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kardemimmit、ニューアルバム『Onni』購入予約受付中!

5月10日までこの記事がトップに表示されます。新しい記事はこの下に表示されます。

先日、2,500ユーロ達成しプロジェクト成立! ひきつづき、ご協力お願いします♪


2016年3月の来日公演が、すでに決定している
フィンランドの民族楽器カンテレとうたのkawaii-folkグループ
Kardemimmitカルデミンミット、4枚目のアルバム「Onni」
(意味:Happiness/Fortune/Luck)を5月に発売予定。
クラウドファンディングを利用した購入予約受付が始まりました。
アルバムやその他の特典を先行予約・購入することによって、
「Onni」の制作費用を出資支援をするプロジェクトです。

先日、最低金額の2,500ユーロ(約32万円)達成し、プロジェクトは成立しました!
すでにご協力いただいたみなさま、ありがとうとございます! 
5月10日まで、ひきつづき購入予約、受付中です♪
アルバム制作費用:合計9,500ユーロ(約123万円)

内訳:*スタジオ使用料、録音、エンジニア等、約3,500ユーロ 
   *マスタリング、アルバムのカバーアート、写真等、約2,500ユーロ 
   *CDのプレス、デジタル配信、著作権費用等、約3,500ユーロ。
さらにプロモーションビデオ制作、宣伝、ミュージシャンへのギャラ等で
総額20,000ユーロ(約260万円)を目指してキャンペーン展開中!


************日本からの購入予約とりまとめ受付中<4/19追記>************
日本カンテレ友の会は日本からの購入予約のとりまとめを行っております。
私も、とりまとめ取次させていただいております。
◎サイン入りアルバム「Onni」:2,700円
◎アートポスター:2,000円
(いずれも送料込み)
ご希望される方は、
↙️左下のメールフォームより
お名前、メールアドレス、件名に「購入予約申込」と
明記の上、お申し込みください♪
折り返し手続き方法をお知らせさせていただきます。
とりまとめ申込締め切り:4月28日

最終締め切り5月10日まで、ひきつづき受付中
************日本からの購入予約とりまとめ受付中<4/19追記>************

[ Kardemimmit:ONNI 2015 ]
 〜 クラウドファンディング・プロジェクト

http://mesenaatti.me/en/kardemimmit-onni-2015/(英語)
[特典]
◎INTERNATIONAL SHIPPING
 海外向け送料:5ユーロ[日本からの予約時、必須]
◎KARDEMIMMIT ART POSTER
 アートポスター:15ユーロ
◎TICKET TO THE RELEASE CONCERT
 アルバムリリース記念コンサートチケット
(2015.05.22 @フィンランド、エスポー):15ユーロ
◎SIGNED ONNI ALBUM
 サイン入りアルバム「Onni」:20ユーロ

:[mesenaatti]のサイトでは複数の項目の選択ができないようなので、
日本からのご予約はこちら[holvi]のサイトが便利です。
https://holvi.com/shop/kardemimmitonni/(英語)

たとえば、日本からサイン入りアルバム1枚を予約したい場合は、
[holvi]のサイトで、「INTERNATIONAL SHIPPING」(5ユーロ)と
「SIGNED ONNI ALBUM」(20ユーロ)クリックしてバスケットに入れ、
支払い手続き(CHECK OUT)を行ってください。
20 + 5 = 25ユーロ = 約3,250円(1ユーロ=約130円)

お支払いにはVISAかMasterカードが使用できます。

*アルバムやポスターを複数枚 予約購入する場合も、送料は5ユーロです。
(4月10日追記)


上の動画で彼女たちからのメッセージ(フィンランド語、英語)の
バックで流れている曲は、アルバム『Onni』収録予定曲
「Kun mun kultani tulisi」(I wish my loved one would come)。
フィンランドに古くから伝わるカレワラ韻律の伝承古謡の詩に、
メンバーのJutta Rahmelがオリジナルのメロディをつけた曲♪

幼い頃から通っていた音楽学校で
時代とともに変遷してきた民族楽器カンテレに親しみ、
暮らしに根ざしたフィンランドの民族音楽をリスペクトし、
フィンランド人が太古から受け継いできた
うたい語りの伝統もリスペクトし、
それらの良さを今に伝わるカタチで私たちに聴かせてくれる、
かといって、伝統だけに偏ることなく、
若く瑞々しい感性で自分たちのオリジナル曲も産み出しつづけている、
そこが彼女たちのすばらしいところだなぁ~と、いつも感じています。

Kardemimmit
(写真はKardemimmitの許可を得て掲載させていただいてます。)

そんなわけで、Kardemimmit、個人的にこれからもとっても期待しているバンドなので、
関連情報、以下にまとめてみました♪ご興味のある方、どうぞご利用ください♪ 

◎オフィシャル・ウェブサイト(フィンランド語/英語)
 http://www.kardemimmit.fi
◎facebook(英語/フィンランド語)
 https://www.facebook.com/kardemimmit
◎Twitter: (英語)
 https://twitter.com/kardemimmit
◎ハーモニー・フィールズ(2016年3月来日コンサート招聘元。)
 http://www.harmony-fields.com/a-kardemimmit/index.html
◎日本カンテレ友の会ブログ、アーティスト情報「Kardemimmit」
 http://music.ap.teacup.com/kantelejapan/191.html
◎浜松楽器博物館(2016年3月コンサート開催予定)
 http://www.gakkihaku.jp

試聴:
◎SoundCloud: http://soundcloud.com/kardemimmit
◎YouTube: http://www.youtube.com/user/Kardemimmit
◎myspace:https://myspace.com/kardemimmit/music/songs
◎vimeo:https://vimeo.com/user17956354
  
過去のアルバムの購入:
◎Record Shop X: http://www.recordshopx.com/artist/kardemimmit
◎CD Baby: http://www.cdbaby.com/cd/kardemimmit
◎Fuga Music: www.fuga.fi

Kardemimmitは、 北欧フィンランド発のジュエリーやレザーバッグ、生活雑貨を
取り扱う日本のショップmelumo putiikki(メルモ・プティッーッキ)の
CMにも、カンテレの演奏とうたで登場しています。
使用曲は、3rdアルバム「Autio huvila」収録の「Neidon ikävä」(=Longing Maiden)。
詞はフィンランド・トラッド。作曲はJutta Rahmel。




 
  1. 2015/04/06(月) 11:11:11|
  2. Kardemimmit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0